プライバシーポリシー
キャンセルについて
第1032条自然人はプライバシー権を享有する。いかなる組織や個人も、他人のプライバシー権を侵害したり、侵害したり、漏洩したり、公開したりすることはできない。プライバシーは自然人のプライベートの安寧と他人に知られたくないプライベート空間、プライベート活動、プライベート情報である。 第1033条法律に別途規定があるか、権利者が明確に同意している以外、いかなる組織または個人も以下の行為を実施してはならない:(一)電話、ショートメール、インスタントメッセージングツール、電子メール、ビラなどの方式で他人の個人生活の安寧を侵害してはならない、(二)他人の住宅、ホテルの部屋などの秘密空間に入る、撮影する、覗く、(三)他人の秘密活動を撮影、覗き、盗聴、公開する、(四)他人の体のプライバシー部位を撮影し、覗き込む、(五)他人の秘密情報を処理する、(六)他の方法で他人のプライバシー権を侵害する。